TVアニメ

【進撃の巨人アニメ4期】104期生メンバーはどう変化?現在の状況とエレンとの関係とは

ついに調査兵団メンバーが登場し、盛り上がりを見せた進撃の巨人アニメ4期6話!

装備を一新し、すっかり大人っぽくなった104期生メンバーの姿に驚いた方も多かったのではないでしょうか。

進撃の巨人アニメ4期6話現在、エレンとまともに会話していたのはミカサのみでしたが、なんだか以前と少し関係が変わっているように見えたのが気になりました。

そこで今回は、104期生メンバーはどう変化?現在の状況とエレンとの関係とはというタイトルで解説&考察していきたいと思います!

◆ この記事を読んでわかること ◆

  • 4年で104期生メンバーはどう変化?現在の状況をネタバレ!
  • 104期生メンバーと現在のエレンとの関係は?

ちなみにアニメはもちろん漫画を購入する場合もU-NEXTが断然おすすめ!

ポイントがもらえるので600円以下の漫画は無料での購入が可能!さらに最大40%割引なので、ポイント以上購入の場合も格安で漫画が購入できます!

継続時には1200円分のポイントがもらえるので毎月1〜2冊有料作品が無料視聴できますよ!

さらにさらに...登録するだけで!

  1. 1ヶ月無料!無料期間中に解約OK♪
  2. 20万本以上80雑誌以上が無料見放題!
    ※アニメ・ドラマ・映画など作品数業界No.1
  3. ファミリーアカウントが作れる!
  4. アプリで視聴可能!
  5. 付与ポイントで映画チケットの購入可能!

1ヶ月試して継続する人多数の満足度◎のサービスです!

Animon
Animon
U-NEXTなら進撃の巨人漫画最新刊も無料視聴可能

進撃の巨人アニメ4期|4年で104期生メンバーはどう変化?現在の状況をネタバレ!

4年前、ウォール・マリア最終奪還作戦では団長のエルヴィンをはじめ多くの犠牲を出した調査兵団。

まずは海への到着や他国との交流スタートなど、激動の4年間を過ごした104期生メンバーたちの現在をご紹介していきたいと思います。

104期生メンバーの現状

エレン・イェーガー/19歳

・進撃の巨人、始祖の巨人、戦鎚の巨人を継承

背と髪が伸び、すっかり大人っぽくなったエレン。

以前のような真っ直ぐな無鉄砲さは見えず、影のある雰囲気になっています。

敵国マーレに潜入するための演技かとも思われましたが、マーレ脱出後もエレンの様子は変わりません。

それどころか幼馴染であるミカサやアルミンに辛く当たるなど、これまでのエレンとは別人のようになってしまっています。

ミカサ・アッカーマン/19歳

髪が伸びたエレンとは逆で、髪が短くなったミカサ。

しばらく会っていなかったエレンのサポートを的確にこなすなど、アッカーマンの血筋による強さは健在です。

この4年の間に国交がスタートした東洋の国「ヒィズル国」の将軍家の末裔であることが判明するなど、彼女のルーツが徐々に明らかになっています。

その際、ヒィズル国特使であるキヨミ・アズマビトの「大人の事情」をサラリと見破ってみせるなど、見た目だけでなく中身もずいぶん大人っぽくなった印象です。

とはいえ、4年経った現在もエレンのマフラーを大切に巻いて、彼の心配ばかりしている部分は変わっていません。

しかし以前は心配しながらも無鉄砲なエレンに呆れているような感じがありましたが、今はエレンを心配すると同時にエレンの変化に戸惑っているように見受けられました。

アルミン・アルレルト/19歳

・超大型巨人を継承

「海を見る」という長年の夢を叶えたアルミン。

女の子っぽい雰囲気は残るものの、髪が短くなり青年らしい姿に成長しています。

超大型巨人を継承した際にベルトルトの記憶も受け継いでおり、そのせいもあってか以前と少し雰囲気が変わるとともに水晶化したアニのことをとても気にかけているようです。

しかしそうしたアルミンの言動をエレンは「ベルトルトに脳を侵されてしまった」と評しています。

進撃の巨人アニメ4期6話ではまだ登場していませんが、次回7話ではアルミンの活躍が描かれることとなりそうです。

ジャン・キルシュタイン/19歳

顎髭をはやし、男らしくなったジャン。

少年時代のヤンチャな感じがなくなり、頼もしい雰囲気になっていますね。

兵団メンバーへの指示出しをする姿からも兵団の中心人物であることが伺え、々の死闘を乗り越えてきた経験はしっかり活かされているようです。

コニー・スプリンガー/19歳

小柄な体型に坊主頭でいかにも「少年」という感じだったコニーがまさかの大成長を遂げ、なんと身長180cmに成長しています。

しかし坊主頭とサシャと仲がいいのは相変わらずのようで安心しますね。

情に熱いタイプであるコニーはエレンの変化にも敏感であり、巨人化したままの母親のことも4年間ずっと気にかけ続けています。

サシャ・ブラウス/20歳

ウォール・マリア最終奪還作戦で大怪我を負ったサシャでしたが、元気に復帰しているようです。

しかし安心したのも束の間で、レベリオ区から撤退中にサシャはガビの撃った銃によってその命を落としてしまいます。

とはいえ進撃の巨人アニメ4期におけるサシャの役割はまだ終わっておらずその存在は今後の物語の鍵の一つといえるでしょう。

フロック・フォルスター

エレン達104期生メンバーの同期ですが、調査兵団への入団が遅かったためウォール・マリア最終奪還作戦時点では新兵として扱われていました。

しかしエルヴィンの最後を見届けた後も成長を重ねたようで、現在は古参兵と同様の活躍をしているようです。

ですが性格や考え方は変わっていない様子で104期生メンバーとは距離を置いていますが、「変わってしまった」エレンとは考え方が合うらしく、4年前とはうってかわって距離が近くなっています。

調査兵団メンバーの現状

リヴァイ・アッカーマン

リヴァイは見た目・階級・戦闘力ともに大きな変化はないようですが、エルヴィンの仇とも言える獣の巨人・ジークとの因縁も4年経っても変わらないようです。

対人兵器としての機能に特化した新型立体機動装置を装備するメンバーが多い中、対巨人兵器である旧式立体機動装置を身につけ続けているのは、獣の巨人討伐への願掛けなのかもしれません。

ハンジ・ゾエ

エルヴィンから団長の座を引き継いだハンジも見た目の変化は感じられませんが、言動の端々に隊長としての責任感が感じられるようになっています。

アニメでの登場は次回、または次々回となりそうですね。

 

進撃の巨人アニメ4期|104期生メンバーとエレンとの関係は?

ミカサの「帰ってきて」の意味は?

エレンの戦闘のフォローに入ったミカサがエレンにかけた言葉「帰ってきて」

ミカサがマーレに潜入していたエレンを労うなら「お疲れ様」といった言葉をかけるはずなので(そもそもエレン1人では行かせないような気もしますが)、このセリフからエレンの潜入は調査兵団の任務ではなかったことがわかります。

つまり、負傷兵に化けてマーレに潜入していたのはエレンの独断による単独行動であったことが確定したということですね。

エレンのその勝手すぎる行動に104期生メンバーは驚きと戸惑いを隠しきれずにいて、今回のレベリオ区強襲も巨人を相手にしていた頃にはあった「敵を駆逐する」と言う気持ちは薄いようです。

エレンはどれくらい104期生メンバーと会っていない?

実はエレン達はレベリオ区襲撃の前年にマーレへの潜入調査を実現していて、マーレへ数ヶ月ほど滞在していました。

潜入調査は滞りなく進みましたが、エレンはその後姿を消し、それ以来パラディ島へは戻っていません。

その後エレンはスラバ要塞での戦争に参加していたようなので、少なくとも半年以上は104期生メンバーと距離を置いていたと考えられそうです。

104期生メンバーとエレンとの関係は?

大きな損失はあったもののレベリオ強襲を成功に収め、パラディ島へ戻ったエレン達104期生メンバー。

単独行動の末に一般人まで巻き込むような戦争を仕掛けたエレンに、104期生メンバーは不信感を抱きます。

そしてついにエレンは、一番の友人で理解者だったはずのミカサとアルミンにまで暴言を吐き、2人の心を傷つけます。

それでもエレンを信じようとする104期生メンバーを更に裏切るように、エレンは自身の支持者である「イェーガー派」と行動を共にし世界を破壊すべく行動を開始。

ミカサやアルミン、104期生メンバーとの決別はほぼ確定のような状態となってしまいます。

そんな中、フロックだけはイェーガー派の中心人物としてエレンを支持するのでした。

エレンは104期生をどう思っている?

そんなエレンですが、マーレへ潜入調査に入る前に104期生メンバーに仲間を大切に想っているという自身の気持ちを語っています。

顔を赤くして「らしくない」ことを言うエレンの姿に104期生メンバーだけでなく読者も驚きましたが、きっとこの想いこそがエレンの本心だと思われます。

しかし仲間への愛と世界への憎しみを両立させた結果が「世界を破壊する」なのだとすると、あまりにも悲しい結末となりそうです。

果たしてエレンの本心はどこにあるのでしょうか?

Animon
Animon
U-NEXTなら進撃の巨人漫画最新刊も無料視聴可能

まとめ

いかがでしたか?

今回は久しぶりの登場となった104期生メンバーと調査兵団メンバーについてまとめてみました。

  • 104期生はこの4年で大きく成長している
  • 104期生はエレンの言動に戸惑い、困惑している
  • ミカサ、アルミンとエレンとの関係には溝が生まれている

意見の食い違いはあってもずっと「仲間」として運命を共にしていた104期生メンバーとエレンの決別は辛いものですが、彼らが元どおりの関係に戻ることもいよいよ難しそうな状態です。

果たして物語はどうなってしまうのか、心を強く持って見守りたいと思います!

 

漫画やラノベを読むなら

1冊目はU-NEXT!2冊目はコミックシーモアで!

\ U-NEXTで読む /

・無料登録でもらえる600ポイントを利用して約1冊分無料視聴
・ポイント以降は最大40%ポイント還元
・漫画や小説と一緒に動画も楽しめる

コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

・新規会員登録で50%OFFで視聴可能
・月額メニューの登録で最大20000ポイント戻ってくる
・楽天Rebates経由で楽天ポイント4%ゲット


本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

U-NEXT公式サイトで無料登録
U-NEXT公式サイトで無料登録