TVアニメ

【デカダンス4話考察解説】クレナイが見た目の違うカブラギに気づいたのはなぜ?過去にどんな関係が?

初登場時から視聴者の注目を集めていたタンカー最強の女戦士クレナイ

ナツメの憧れの人として画面にはよく映っていたものの、なかなか接点がなかった彼女が、第4話でついに物語に大きく関わり始めました!

クールでカッコいいキャラ、という期待をいい意味で裏切る、クレナイの可愛くて気さくな姉貴っぷりに惚れ込む人が続出しているようです♪(ちなみにクレナイの声優、喜多村英梨さんはパイプの声も担当していらっしゃいます。声優さんってスゴイですね!)

今回は待ちに待った注目キャラ・クレナイと、彼女が憧れるカブラギの関係にスポットを当てて、クレナイが見た目の違うカブラギに気づいたのはなぜ?過去にどんな関係が?をテーマに考察していきたいと思います!

  • クレナイはどんな人?
  • 見た目が違うカブラギに気づけた理由は?
  • カブラギとの関係は?

【デカダンス4話考察解説】クレナイはどんな人?

「かの力」に所属するタンカー最強の女戦士、クレナイ。

美しい見た目からは想像できないほどダイナミックな動きでガドルを仕留める強さを持ちながら、戦闘で失った仲間たちの死を丁寧に悼むことができる優しい女性です。

そして今回判明した意外すぎる一面が、カブラギを「カブさま」と呼ぶほどのカブラギファンだったということ!

強く、優しく、そしてカワイイ!暗い居住空間の中でひときわ明るく輝く彼女の周りに集まる人間が多いのも頷けますね。

それにしても最強の女戦士のハートまであっさり奪うとは、カブラギのイケオジっぷり恐るべし!!

【デカダンス4話考察解説】クレナイが見た目の違うカブラギに気づいたのはなぜ?

「カブさま」と呼ぶほどのカブラギファンだったクレナイですが、装甲修理人であるカブラギのファンだとは考えにくいので、やはりランカー時代のカブラギを知っている、という可能性が高いと考えられます。

しかし、ランカー時代のカブラギの外見は「THE・ギア」と言った雰囲気。顔立ちこそ変わってはいないものの、これだけ髪色と肌の色が違えばかなり印象が変わります。それなのに、なぜクレナイはひと目でカブラギを見つけることができたのでしょう。

可能性1.ギアの髪・肌色が変わることに違和感がない

デカダンス内にあるギアの専用エリアに「肌屋」が存在していたように、ギア素体は生身ではあるものの、肌色の変更などのカスタムが随時可能なようです。

そのため、戦士としてギアとの接点が多いクレナイは「ギアは自在に髪と肌色を変えることができる種族」だと認識している可能性があります。

「カブさま、ちょっと地味めにイメチェンしたのね!?」というくらいのノリなのかもしれません。

可能性2.クレナイもギア

可能性としてはかなり低いですが、クレナイがギアだという可能性もゼロではありません。

デカダンスの楽しみ方の1つに「タンカーとの交流」があるので、タンカーの戦士として彼らを支えるポジション、というスタンスでデカダンスをプレイしていたとしてもおかしくはないでしょう。そうなると、ランカー時代のカブラギのことや引退理由を知っていることにも違和感がない、という考え方ができます。

可能性3.恋は盲目!?

頼れる姉貴肌、というイメージをかなぐり捨ててでも舞い上がり駆け寄ってしまうほどの乙女心をもってすれば、髪や肌の色など微細なこと。カブラギがカブラギであるだけで認識OK!まさに恋は盲目!という可能性も……。

正直、恋するクレナイさんが可愛すぎて、これが正解で良いのではないかと個人的には思っています(笑)。

【デカダンス4話考察解説】クレナイとカブラギは過去にどんな関係があった?

カブラギとクレナイに接点はある?

自身の戦う理由に「カブラギにつり合う女になるため」と答えたクレナイ。落ち込んだナツメを励ますためか茶化した言い方でしたが、やはりランカー時代のカブラギの戦いを見て憧れを抱いたことに間違いはないようです。

タンカーであるクレナイはギアのランカー制度のことも当然知らないので、ランクという数字や外野からの評価に惑わされることなく、純粋にその動きに惚れ込み、隣に立つことを夢見たのでしょう。

しかしランカー時代のカブラギはバランサーとしての仕事があったため、タンカーと交流していた可能性は低いと思われます。しかもカブラギが第一線で活躍していたのは7年前。その頃のクレナイはまだまだ駆け出しだったはずです。

そのため、クレナイとカブラギが戦士同士として交流したことはない、とするのが自然だと考えられます。

クレナイとナツメは似た者同士?

直接面識はないものの、その戦いぶりに惚れ込み、いつか一緒に戦いたいと憧れを抱く……。この感情、まさにナツメがクレナイに抱いていたものと同じですよね。

そして憧れの人を前にして素直にはしゃげる無邪気さや、タンカーだからと言って自由を諦めないという生き方。そして何より、くじけそうなことがあっても「夢」を見失わない強さがある。ナツメとクレナイは共通点が多く、似た者同士と言えるのではないでしょうか。

クレナイがまだ出会ったばかりのナツメを気にかけるのも、ナツメの中に昔の自分を感じているからなのかもしれません。

同じくナツメを気にかける者同士、彼女の存在を通してクレナイとカブラギの距離が縮まるのかもしれませんね!

まとめ

今回はクレナイについて色々と考察してみました!

  • カブラギの変化を気にしないのは恋心ゆえ?
  • ブラギとの接点は少なそう
  • クレナイとナツメは似た者同士?

魅力溢れるキャラクターで今後の活躍が期待されるクレナイですが、そんな彼女を待ち構えるのは恐怖の必敗イベント。いきなり死亡フラグが立っているのが大変気になります。

次回の放送が楽しみなような、怖いような……!?どんな展開が来ても大丈夫なよう、心を強くもって放送を待ちたいと思います!

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。