TVアニメ

【炎炎ノ消防隊】ヨナの正体は?顔を変える能力や強さは?ラフルスを演じた目的もネタバレ!

アニメ「炎炎ノ消防隊」2期13話では、聖陽教内部でバーンズが登場し、“ラフルスの妻の手帳”の存在が明らかとなりました。

その手帳では、何者かがラフルス1世に化けていた可能性が指摘されています。これは東京皇国にとっての常識を完全否定するほどの新事実です。

実は聖陽教を広めたラフルス1世という男は、白装束のヨナが化けた人物でした。

ラフルス1世に化けていたヨナの正体とはいったい何者なのでしょう。また、何の目的でラフルス1世になりすましたのでしょうか。

この記事では、白装束ヨナの正体や能力、ラフルス1世を演じた目的について解説します。

  • ヨナの正体
  • ヨナの能力と強さ
  • ヨナがラフルス1世を演じた目的

ちなみにアニメはもちろん漫画を購入する場合もU-NEXTが断然おすすめ!

ポイントがもらえるので600円以下の漫画は無料での購入が可能!さらに最大40%割引なので、ポイント以上購入の場合も格安で漫画が購入できます!

継続時には1200円分のポイントがもらえるので毎月1〜2冊有料作品が無料視聴できますよ!

さらにさらに...登録するだけで!

  1. 1ヶ月無料!無料期間中に解約OK♪
  2. 20万本以上80雑誌以上が無料見放題!
    ※アニメ・ドラマ・映画など作品数業界No.1
  3. ファミリーアカウントが作れる!
  4. アプリで視聴可能!
  5. 付与ポイントで映画チケットの購入可能!

1ヶ月試して継続する人多数の満足度◎のサービスです!

炎炎の消防隊・ソウルイーター
アニメも漫画も見るなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ|ヨナの正体

ヨナは独特のおかま言葉を使うキャラクターです。おかま言葉の他にも「すばらー」や「ファンタスティック」、「アーティスティック」など、一風変わった言葉遣いをします。

自称芸術家で、美しいものを好む性格です。

顔は人間の顔をしていますが、どことなく人間でないような、禍々しい雰囲気があります。ヨナの顔を見たアーサーは、なんだあれは人間か?と気味悪がっていました。

伝導者麾下(直属の部下)の1人として登場したヨナですが、原作ではヨナに関して新たな真実が明かされています。

ヨナは250年前の大災害の直後にこの世界にやってきた“悪魔”だったのです。

とはいえ“悪魔”というのはヨナの姿を見た人間の解釈で、正しくは異界“アドラ”から来た高次元の生き物ということになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

炎炎ノ消防隊 13話 #炎炎ノ消防隊

Heniadir(@heniadir)がシェアした投稿 –

250年前の大災害は失敗に終わりましたが、アドラとの距離が近くなったおかげで、伝導者やヨナなどアドラにいた存在が、こちら側の世界に来ることができました。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ|ヨナの顔を変える能力と強さ

ヨナは第三世代の能力者です。熱を利用して人の血流やむくみを操作し、顔を自在に変えることができます。自分の顔も他人の顔も操作することが可能です。

見た目を変えられるだけなので、攻撃力はほぼ皆無です。消防隊vs白装束の戦いでも、後ろで戦いを見ながら、すばらーよファンタスティックよと騒いでいるだけだったので、コメディー要員かとも思われていました。

しかし、顔を変えられるヨナの能力は様々な場面で効果を発揮します。

第7の管轄である浅草では、町中にそっくりさんが現れて悪意ある行動をしたため、いたるところで喧嘩が勃発し、収拾がつかなくなりました。

第8の桜備大隊長や火縄中隊長の偽物も現れ、あわや第8と第7間でも戦闘になりかねない事態にまでおちいります。

さらに第8が行った1回目のネザー調査時の戦いでは、第8メンバーに化けて第8を個々に分断することに成功しました。

戦闘能力のないヨナですが、顔を変えられる能力を持つ、非常に厄介な相手であるといえます。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ|ヨナがラフルス1世を演じた目的とは?

他の破壊力あるメンバーの影に隠れて、コメディー要員疑惑もあったヨナですが、東京皇国の繁栄に深く関係していました。

ヨナは大災害後にアドラからこちら側の世界へ来ましたが、大災害直後のヨナの行動は、原作漫画208話で、ヨナ自身の回想シーンで明らかとなっています。

大災害直後、悪魔のような姿をしたヨナは、空間の裂け目からこちら側の世界へとやってきました。

大災害が失敗に終わったと知ったヨナは、再び人間の文明を繁栄させ、もう一度大災害を起こすために動き始めます。その横には眠らされた一柱目の姿がありました。

まずは、人間を導くリーダー的存在が必要です。

ヨナが人間のリーダーとして選んだのはラフルス・スミス。のちに聖陽教の創始者ラフルス1世と呼ばれる人物です。

顔を変えられる能力を使い、当時キャラバンのリーダーであったラフルス・スミスになりかわったヨナは、聖陽教の布教を行います。

同時に、アドラバーストを持つ一柱目を差し出し、皇国のエネルギー源である天照を作りました。

東京皇国繁栄を支えてきた聖陽教と天照は、実は全てヨナが再び大災害を起こすために仕組んだものだったのです。

ヨナの計画通り、聖陽教と天照のおかげで皇国は繁栄し、再び大災害が起こる準備が整いつつあります。

人間の文明を再び繁栄させ、大災害を成功へと導くというヨナの目的は達成されつつある、というわけですね。

漫画最新刊も
\かなりお得に視聴可能!/

炎炎の消防隊・ソウルイーター
アニメも漫画も見るなら

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

まとめ

アーサーが感じた通り、ヨナは人間ではなくアドラからきた高次元の生き物でした。顔を変えられるヨナの能力に、消防隊は翻弄されています。

さらに聖陽教と天照が、ヨナによって大災害のために仕組まれたものであるという衝撃の事実もわかってきました。

ヨナの読み通り着実に大災害へと向かう皇国はどうなってしまうのでしょうか。今後のヨナの動きに注目していきましょう。

  • ヨナはアドラからきた高次元の生き物
  • ヨナは顔を変える能力がある
  • ヨナはラフルス1世に化けて聖陽教を布教した

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。