TVアニメ

アシリパの年齢や名前の意味&役割は?母親は誰?杉元に恋愛感情はある?【ゴールデンカムイ】

ゴールデンカムイのヒロイン・アイヌの少女アシリパ

きめ細やかな肌に艶のある髪、深い青色の美しい瞳を持つ美少女で、2019年に大英博物館で開催された日本の漫画展ではキービジュアルに選ばれ、話題となりました。

しかし愛らしい外見とは裏腹に、大人顔負けのサバイバル知識と度胸、高い戦闘能力を有し、さらには渾身の変顔や下ネタを度々披露したりと、ヒロインでありながら杉元とダブルヒーローと言ってもいいくらいの格好良さを持ち合わせています。

今回は、そんな魅力溢れるアシリパにスポットを当てて、アシリパの年齢や名前の意味&役割は?母親は誰?杉本に恋愛感情はある?といった、気になるポイントを解説&考察していきたいと思います!

  • アシリパの年齢・名前の意味は?
  • アシリパの役割は?
  • アシリパの母親は?
  • 杉元に恋愛感情はある?

1〜3期
見放題はFODだけ!
\原作漫画も20%還元!/

 

ゴールデンカムイネタバレ|アシリパの年齢や名前の意味は?

アシリパの年齢は?

ゴールデンカムイに登場するキャラクター達の年齢は明かされていません。

アシリパの年齢についても10代前半であることは推測できますが、それ以上は不明です。

しかしゴールデンカムイは史実をベースにしている物語であるため、劇中の出来事を史実に照らし合わせていくと、ある程度年齢を特定することが可能です。

原作でアシリパが産まれたのは日清戦争以降だと分かるエピソードが存在することから、ゴールデンカムイ第1話の時点でのアシリパの年齢は12歳と仮定できます。

また、ゴールデンカムイのアイヌ語監修をされている中川裕先生がトークイベントで「アシリパの年齢は13歳頃」と話されていたそうなので、12歳で杉元と出会い、旅の途中で13歳になった、という可能性が高いのではないでしょうか。

アシリパの名前の意味は?

アシリパ(正式表記は「リ」がアイヌ語小書き)という名前には、「新しい年」(アシリ=新しい、パ=年・時代)という意味があります。

アシリパはそれを「未来」という意味に解釈していて、自分を「新しい時代のアイヌの女」であると考えています。

日本名(戸籍上の名前)は胡蝶部明日子(こちょうべ あすこ)

「未来」という言葉から連想して「明日」がつく名前になったと思われますが、これはごく限られた人間しか知らない名前です。

ちなみにアイヌ民族は「子供にはわざと汚いあだ名をつけて呼ぶ」という文化を持っており、アシリパの幼名は「エカシオトンプイ」、「祖父の尻の穴」という意味の名前でした。すごいインパクトですね!

 

ゴールデンカムイネタバレ|金塊争奪戦・アシリパの役割は?

杉元と共に金塊の行方を追うアシリパ。

本人は金塊に興味はなく杉元の案内役として参戦したにも関わらず、金塊強奪事件の被害者だったはずの父が実は首謀者である「のっぺらぼう」であったり、そんな父から知らぬ間に金塊の「鍵」を託されていたりと、すっかり金塊争奪戦の中心人物となってしまいました。

アシリパの役割は?

24枚の刺青人皮に刻まれた暗号の鍵となる情報を持つ唯一の人物であるため、アシリパ自身が金塊の鍵と言い換えても過言ではありません。

刺青人皮を全て集めても暗号が解読できなければ無意味であることから、金塊争奪戦において、アシリパは刺青人皮と同等かそれ以上に重要な存在です。

ウイルクとキロランケはアシリパに何をさせたかった?

ウイルクは娘であるアシリパに金塊とアイヌの未来を託すために行動しており、アシリパをアイヌの存在を導くリーダーに仕立てるつもりだったようです。

そのためウイルクはアシリパに「山で生きる」術を叩き込んでおり、網走監獄で出会った杉元にも「山に潜伏し、山で戦えるように育てた」と明言しています。

ウイルクがアシリパを山へ連れ歩いていたのはアイヌの文化や生活を受け継がせるためだけでなく、ゲリラとして活動するための訓練でもあったのですね。

キロランケはその意思を継ぐようにしてアシリパを樺太へと導いていますが、ウイルクが金塊を託す相手に同じ目的を持つ同士であるキロランケではなくアシリパを選んだ理由はのままです。

 

ゴールデンカムイネタバレ|アシリパの母親は誰?

アシリパが産まれてすぐに亡くなった、というアシリパの母親。

小樽で暮らすアイヌであり、ウイルクに北海道アイヌの信仰や文化を伝えた人物である、という以外は謎に包まれた存在でしたが、原作ではついにその姿が明かされ、名前も判明しました。

母の名前は「リラッテ」

ひょんなことから、古いフィルムに映っていた父ウイルクと母リラッテの姿を目にすることとなったアシリパ。そこには少々男勝りな様子や美味しくご飯を食べる姿、そして変顔する様子など、アシリパによく似た母の姿が記録されており、「素敵な感じの女性(by白石)」だったことがわかります。

ゴールデンカムイの舞台は現在のように気軽に写真や映像を撮れない時代。初めて母を見るアシリパの表情が印象的です。

このエピソードは樺太編終了後となるのでアニメ化は未定ですが、ぜひ動くリラッテの姿を見てみたいですね!

 

ゴールデンカムイネタバレ|アシリパは杉元に恋愛感情がある?

自他共に認める「相棒」関係であるアシリパと杉元ですが、ファンとしてはその関係が今後どうなるのかも気になりますよね。

そこで2人の気持ちを考察してみました!

アシリパは杉元に恋愛感情がある

アシリパはインカラマッに気に入られた杉元にヤキモチを妬いたり、杉元の想い人である「梅ちゃん」の話が出るといたたまれない気持ちになったり、と杉元に恋愛感情があると思われる場面が多く描かれています。

原作漫画ではその想いを指摘されてアシリパが頰を赤らめるなど、アシリパ自身も自分の感情に気づきつつあるようです。

杉元はアシリパに恋愛感情がない

対する杉元はアシリパに恋愛感情は抱いていないようですが、年下ではあっても命の恩人であるアシリパに敬意を払い、同時に「大人」として幼いアシリパを全力で護ろうとするなど、アシリパを1人の人間として尊重し、大切に想っている様子です。

しかし、杉元はアシリパを「清い子供」として見ている部分があり、彼女に対しては自他共に潔癖であることを課しているようにも見えます。

今後の2人の関係は?

従軍経験もあり「人を殺せる」杉元からすれば、どれだけ関係が対等でもアシリパは「穢れを知らない子供」であり護らなければならない存在でしたが、樺太の旅で大きく成長したアシリパは、金塊の行方に対して無関係ではいられなくなったと感じるようになります。

成長したアシリパと、その成長を受け入れた杉元の関係は、良くも悪くも昔のままではいられないはずです。

全てが終わり、杉元とアシリパが交わした「杉元の故郷で干し柿を食べる」約束を果たせるようになった頃、2人の関係がどう進化しているのか気になりますね。

1〜3期
見放題はFODだけ!
\原作漫画も20%還元!/

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はヒロイン・アシリパについて色々考察してみました。

  • 年齢は12~3歳。名前は「未来」を意味する。
  • アシリパは金塊の鍵であり、アイヌのリーダーとなるべく育てられた。
  • アシリパは杉元に恋愛感情を抱いている。

アニメ3期「樺太編」では離れ離れの杉元とアシリパ。

2人の関係の行き先も気になりますが、まずは再会の日が待ち遠しいですね!

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。


U-NEXT公式サイトで無料登録
U-NEXT公式サイトで無料登録