TVアニメ

【ゴールデンカムイ】杉元の過去やモデルは?梅子とアシリパとの関係は?両想いになるのか?

約8000億円もの価値があるとされるアイヌの金塊。

その金塊を第7師団は軍へクーデターを起こすため、土方一派は北海道を独立国家にするために狙っており、どちらもその金額に見合った大志を抱いて金塊争奪戦に挑んでいると言えます。

しかし主人公である杉元の目的は「亡き親友の妻・梅子の目の病気を治療すべく、アメリカで手術を受けさせたい」というもので、必要な金額は約200円(およそ200万円)。

時代背景を考えると雲を摑むような話ではありますが、命がけの金塊争奪戦を戦うにしては杉元の目的はかなりささやかであるように感じられます。

杉元が命をかけてまで金塊を手にしたいと願う理由「梅子」

亡き親友の妻、というだけでは説明ができないほどの献身ぶりですが、杉元は梅子と過去になにかあったのでしょうか

今回は主人公・杉元の過去やモデルを紹介するとともに、梅子とアシリパとの関係は?両想いになるのか?というテーマで解説&考察していきたいと思います!

  • 杉元の過去は?
  • 杉元と梅子は両想い?
  • 杉元とアシリパは両想い?

1〜3期
見放題はFODだけ!
\原作漫画も20%還元!/

 

【ゴールデンカムイ】杉元の過去やモデルは?

杉元の過去は?

ゴールデンカムイの主人公である杉元佐一は元々は関東の貧しい農村の出身で、家族全員を結核で亡くした天涯孤独の身の上です。

家族を看取った後は他の村人への感染防止のために生家を自らの手で焼き払って逐電しており、故郷を捨てたも同然の状態となっています。

故郷を出た後は軍隊に入隊し、元第日本帝国陸軍一等卒、元第一師団特別支援隊隊員として洗浄を駆け巡り「不死身の杉元」の異名で一目を置かれていました。

しかし気に入らない上官を半殺しにしてしまったために軍人恩給が受けられなくなってしまい、満期除隊を選びます。

除隊後は北海道に渡って砂金採りをしていましたが、金塊の噂を聞き、アシリパとの出会いを経て現在に至ります。

杉元のモデルは?

実在の人物をモデルにしたキャラクターが多いゴールデンカムイですが、主人公である杉元にもモデルだと考えられる人物が存在しています。

それは杉元と同様「不死身」とあだ名された人物・船坂弘軍曹です。

事実は小説よりも奇なり、とは言いますが、実在する人間のものとは思えない逸話揃いですね!

そして「杉元佐一」という名前は原作者である野田サトシ先生の実のおじい様・杉本佐一氏からとった、とのことです。

おじい様は実際に日露戦争に一等卒として出兵し、二◯三高地、奉天会戦などで戦った経験をお持ちとのこと。杉元のようにお茶目で乙女な一面もあったのか、気になりますね。

 

 

【ゴールデンカムイ】杉元と梅子との関係は?かつては両想いだった!?

梅子はどんな人物?

梅子は杉元の幼馴染で、同じく幼馴染だった杉元の親友・寅次と結婚して一児をもうけています。

美しく芯の強い女性ですが、眼病を患ったことで現在はほぼ失明状態にあり、さらに奉天会戦で夫・寅次が戦死してしまったことで戦争未亡人となってしまいました。

杉元と梅子はかつて両想いだった

杉元の家族が結核にかかる前は杉元と梅子は両想いの関係であり、周囲からも2人は一緒になるものだと思われていたようです。

寅次もずっと梅子を強く想っていましたが、杉元には敵わないと身を引く覚悟であった様子から、2人の相思相愛ぶりが感じられます。

しかし杉元の家族が結核にかかったことで、2人が夫婦になる道は閉ざされてしまいました。

当時不治の病とされていた結核患者を家族から出してしまったことで杉元は村八分のような状態となり、梅子は杉元ではなく寅次と結婚するよう家族からも勧められます。

それでも梅子は家族と村を捨ててでも杉元と共に生きる覚悟を固めていましたが、家族を失った杉元は梅子まで失ってしまうかもしれない可能性に耐えられず、「一緒に行きたい」という梅子の申し出を断って1人村を出るのでした。

お互いを想い合うが故に起こった、悲しいすれ違いですね。

 

 

【ゴールデンカムイ】杉元と梅子は今でも両想いの関係?

杉元は今でも梅子が好き?

杉元は2年経っても発症しなければ梅子を迎えに来るつもりだったようですが、梅子は両親の勧めに従って寅次と結婚する道を選びました。

杉元自身も梅子に寅次と結婚するよう促していたので、「2年」は杉元の中での区切りであり、梅子を先の見えない約束で縛るつもりはなかったのでしょう。

のちに梅子と寅次の結婚を知った際も、杉元は2人を祝福することができました

しかし寅次が戦死し、彼自身の願いで梅子の将来を託されることとなった杉元。

梅子への想いは両想いだった頃そのままに胸に残っているものの、戦争で人を殺しすぎた杉元は、自覚のないままに目の見えない梅子が杉元と気付かず怯えてしまうほどに変わってしまっていました。

梅子の反応から、寅次に代わって梅子と共に生きることはできない、と悟った杉元は梅子の治療費の工面のために北海道に渡りますが梅子への想いは健在で、しばしば彼女を想う姿が描かれたり、「惚れた女」として話題に上がることもあります。

しかしアシリパとの出会いや長い旅のなかで杉元の心境にも少しずつ変化が現れており、アシリパに金塊を手に入れる理由は「亡き親友との約束を守るため」だと言い切っていることから、杉元は梅子への想いを残してはいても、もうそれだけが理由ではないところまで気持ちが前進していると言えそうです。

梅子は今でも杉元が好き?

対する梅子も、杉元が梅子の元を訪ねた際には目が見えなくても真っ先に「佐一ちゃん?」と呼びかけるなど、今でも杉元のことを大切に想っているようです(だからこそ杉元の変化を敏感に感じ取り、そのギャップに怯えてしまったのかもしれません)。

しかし寅次と結婚した際に杉元への想いの整理はついているようで、寅次が「もし杉元が迎えに来たら」と不安になった際には「それでも寅次を選ぶ」と答えています。

このことから梅子は、杉元との想い出を大切にしていてもそれはすでに過去のものと納得しており、それ以上の感情は抱いていないと思われます。

さらに梅子には再婚の話が持ち上がっていたので、子供や自身の生活のためにすでに誰かと再婚している可能性も高そうです。

ファンの間では「梅子の再婚の話も鶴見劇場の仕込みなのでは」という不穏な考察もされていますが、梅子と杉元の幸福のためにも考えすぎであってほしいことを祈るばかりです……!

 

【ゴールデンカムイ】杉元とアシリパは両想い?今後の関係は!?

杉元とアシリパは両想い?

杉元の相棒であるアシリパですが、アシリパには杉元のことを相棒以上に想っている描写が多々あり、その小さな恋心は今後も物語の鍵として描かれていくことになりそうです。

しかし20代前半の杉元にとって10代前半のアシリパは、頼りになる相棒ではあっても恋愛対象としてはまだまだ対象外

ファンから「アシリパさんモンペ」と呼ばれるほどアシリパを大切に想い過保護に護り続けてはいるものの、アシリパのことは「女性」ではなく「子供」として見ており、アシリパが自身に向けている想いにも全く気づいていないと思われます。

アシリパが梅子のことを尋ねた際にも、杉元は金塊を求める経緯を話すとともに「金塊が見つかってもアシリパが納得するまで相棒でいる」と答えており、アシリパの意思を尊重する意思はあるものの、あくまでお互いの関係は「相棒」だというスタンスです。

杉元とアシリパはお互いを大切に想い合ってはいるものの、抱えた気持ちの違いから「両想い」とは言えない複雑な関係であると思われます。

杉元とアシリパの今後の関係は?

固い絆で結ばれながらも想いはすれ違っている杉元とアシリパですが、2人の間には「全部終わったら杉元の故郷へ干し柿を食べに行く」という約束があります。

「干し柿」は杉元の好物であるだけでなく、杉元が家族が結核にかかったことで梅子と別れ、戦争で心に傷を負ってしまう以前の「純粋な杉元」の姿の暗喩だと思われます。

いつか金塊争奪戦が終わり、全てのしがらみから解放されて「干し柿」を食べることが叶った時に、自分を取り戻した杉元と成長したアシリパの関係は「相棒」から先へと動き始めるのかもしれません。

1〜3期
見放題はFODだけ!
\原作漫画も20%還元!/

 

まとめ

いかがでしたか?

悲しいすれ違いから結ばれることが叶わなかった杉元と梅子。

金塊が2人を再び結びつける日が来るかと思いましたが、さすがの金塊でも流れてしまった時間を買い戻すことは不可能なようです。

  • 杉元と梅子は両想いで、いつか結婚するはずだった
  • 杉元は今でも梅子を思ってはいるが、気持ちは変化しつつある
  • アシリパとの現在の関係は相棒だが、今後変化する可能性も?

しかし過去に戻ることは不可能でも、未来に進むことは今この瞬間からでも可能です。

過去に囚われていた杉元が「未来」を意味するアシリパと出会ったことも、きっと運命だったのではないでしょうか。

金塊争奪戦が終わってからの杉元とアシリパの関係にも期待が高まります!

 

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。


U-NEXT公式サイトで無料登録
U-NEXT公式サイトで無料登録