TVアニメ

【アニメ】グレートプリテンダー挿入歌やOP主題歌は誰の曲?キャッチミーイフユーキャンのオマージュで伏線も?

コンゲームをテーマに、詐欺師たちの活躍を描くグレートプリテンダー。この作品はストーリーももちろん魅力的ですが、挿入歌やOP曲もかなり魅力的なんです!

「騙しあい」などをテーマにした作品には、スピード感や爽快感が欠かせません。そんな感覚を演出するときには、挿入歌などはもかなり重要な役割を担っているのではないでしょうか。

というわけで今回は、そんなグレートプリテンダーの魅力的な曲がどんな曲で、誰の曲なのかを、作品の話にも触れながら見ていきたいと思います。

  • OPやED主題歌はどんな曲で、誰の曲なの?
  • 挿入歌はどんな曲で、誰の曲なの?
  • OPの映像はキャッチミーイフユーキャンのオマージュで実は伏線になっている?

グレートプリテンダー|OPは誰の曲?

グレートプリテンダーの魅力的なOPは、やまだ豊さんの曲です。

やまだ豊さんは、テレビドラマ『マルモのおきて』(2011年)やテレビアニメ『東京喰種』(2014-2018年)、そして映画『キングダム』(2019年)の曲を作曲された方で、名前を知らない方でもその曲を一度は聞いたことがあるかもしれません。

グレートプリテンダーのOPで使われている曲は『G.P.』という曲です。ジャズのようなテイストで、作品の爽快感を暗示させるような一曲となっています。

このプロモーションビデオのBGMとして使われているのが『G.P』です。爽快感はもちろんのこと、大人な雰囲気もあるかなりかっこいい曲です。

この曲を聞いたとき、『カウボーイ・ビバップ』(1998年)を思い出した方も多いのではないかな、と思います。

『カウボーイ・ビバップ』で使われているのは菅野よう子さんの『Tank!』という曲なのですが、 曲名は知らずとも、一度は聞いたことがある曲だと思います。

こちらも大人な雰囲気のある一曲ですね。『G.P.』よりも大人感が強い気がしますが、作品への期待を高めるという意味では、どちらも素敵な曲です!

グレートプリテンダー|OP映像は実は伏線?

OPの映像についてみていきましょう。いくつかのシーンは、見ていて気になった方もおられるのではないかと思います。

映像の中には、いくつか作品中に登場するアイテムが描かれています。例えば、ドロップの缶やローランが身に着けていた時計などのアイテムです。このアイテムたちは、実は物語の中でも結構重要な役割を担っています。

中でも気になるのが、最後の方に登場する雪景色の中の女性です。第一話では、この女性については触れられていませんでしたが、もしかすると、枝村にとっての大切な人なのかもしれません。

枝村が変ななまりのある英語を使っているのも、その女性の影響を受けている可能性があるのではないでしょうか。

詳細についてはまだわかりませんが、この女性が物語の中でのキーパーソンになることは間違いないと思います。

グレートプリテンダー|OP映像はキャッチミーイフユーキャンのオマージュ!?

また、曲調からは『カウボーイ・ビバップ』が連想させられるOPでしたが、映像からは『キャッチミーイフユーキャン』が連想させられました。

 

2つのオマージュである可能性が高そうですよね。

グレートプリテンダー|挿入歌は誰の曲?

挿入歌1:基本的にはやまだ豊が担当

シーンによって多彩な挿入歌もこのアニメ、グレートプリテンダーの魅力ですよね。そんな魅力的な挿入歌も、OP同様基本的にはやまだ豊さんが作曲しています。

  • YVY「Wanna Be Free ft.ra’z,Luke Zephyr」1話、3〜4話、6話〜7話挿入歌
  • YVY「Brand New Bang ft.ra’z,Kid Gotti Born Rich」1〜4話(ロサンゼルス編)挿入歌
  • YVY「On The Move ft.ra’z,NVK,XMEAN」7話(シンガポール編)挿入歌
  • YVY「Our Love ft.Quincy」11話(ロンドン編)挿入歌
  • YVY「Someday ft.Emarie」13話(ロンドン編)挿入歌

このYVYというのはやまだ豊さんのボーカルプロジェクトです。エンディングのクレジットに挿入歌:YVYとあるものは全てやまだ豊さんのボーカルプロジェクトで作成されたもの。

ロサンゼルス編ではえだまめ、シンガポール編ではアビゲイルと1人1人に焦点を当てて大体5話ごとに完結させていますが、その度にそのストーリーに合わせた挿入歌が1〜2曲程あるようですね。

今後グレートプリテンダーの挿入歌としてCDが出る可能性もありそうですが、現時点では挿入歌と同じ音源はアニメの中でしか聞くことができません。

良い曲なだけに残念ですよね。早く音源が販売されると良いのですが…。

挿入歌2:クラシック曲

挿入歌にはシーンに合わせてクラシック曲も使われています。

リヒャルト・ワーグナー作曲の『ワルキューレの騎行』

この曲は非常に有名な曲だと思います。壮大な雰囲気で、作品に深みを与える一曲となっていると思います。ドキドキする展開でこの曲が流れてきたら、手に汗握らずにはいられません!

他にも9話〜10話(シンガポールスカイ)では組曲「動物の謝肉祭」/作曲カミーユ・サン=サーンスも使用されています。

 

グレートプリテンダー|ED主題歌は誰の曲?フレディマーキュリー?

ED主題歌曲は、なんと数年前話題になった映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)のモデルとなった、フレディ・マーキュリーさんが歌っているんです。

OPとは雰囲気の異なる、壮大な一曲。ゆったりとしていますが、その壮大さからまるで映画でも見た後のような感覚を抱かせてくれる曲となっています。

映像はOP同様コミカルな雰囲気でありながら、余韻をしっかり感じさせてくれるものなので、EDにはピッタリです。

曲名は『The Great Pretender』。この作品も英語表記では『GREAT PRETENDER』ですから、題名は一緒です。もしかすると、わざと一緒にしているのかもしれませんね。

しかも映像はフレディマーキュリーのPVのオマージュで、フレディマーキュリーの飼っていた猫も出てきています!

 

まとめ

今回は、グレートプリテンダーの挿入歌やOP主題歌についてみてきました。さらっとまとめるとこんな感じでしょうか。

  • OPはやまだ豊さんの『G.P.』
  • ED主題歌はフレディー・マーキュリーさんの『The Great Pretender』
  • 挿入歌には『ワルキューレの騎行』なども使われている
  • OPの曲調からカウボーイビバップ、映像からキャッチミーイフユーキャンのオマージュである可能性が高い
  • OPは伏線になっている可能性が高く雪景色の女性はキーパーソンかもしれない

挿入歌などはこれからレパートリーが増えていくかもしれませんが、期待が高まりますね。また、OP映像の女性の正体についても注目です!

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!



U-NEXT公式サイトで無料登録
U-NEXT公式サイトで無料登録