TVアニメ

【約束のネバーランド】あの方の正体は鬼の頂点&神?ティファリはごほうびだった?読み方も解説!

エマたち食用児が自らの運命を変えるべくハウスを抜け出すところまでが描かれたアニメ第1期ですが、彼女たちを待ち受ける「外」の世界とは一体どんな世界なのでしょう。

アニメ第1期の中では、外の世界やエマたち食用児についての伏線として「あの方」「ティファリ」など、気になる単語が登場していました。

あれは何のことだったの?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、あの方の正体は鬼の頂点&神?ティファリはごほうびだった?読み方も解説!というテーマで、約束のネバーランドのラスボス的存在「あの方」について考察していきたいと思います!

  • あの方の正体は鬼の頂点&神?
  • ティファリとは何?特上の食用児が必要な理由は?

ちなみにアニメはもちろん漫画を購入する場合もU-NEXTが断然おすすめ!

ポイントがもらえるので600円以下の漫画は無料での購入が可能!さらに最大40%割引なので、ポイント以上購入の場合も格安で漫画が購入できます!

継続時には1200円分のポイントがもらえるので毎月1〜2冊有料作品が無料視聴できますよ!

さらにさらに...登録するだけで!

  1. 1ヶ月無料!無料期間中に解約OK♪
  2. 20万本以上80雑誌以上が無料見放題!
    ※アニメ・ドラマ・映画など作品数業界No.1
  3. ファミリーアカウントが作れる!
  4. アプリで視聴可能!
  5. 付与ポイントで映画チケットの購入可能!

1ヶ月試して継続する人多数の満足度◎のサービスです!

原作漫画も
\断然U-NEXTがコスパ◎/

約束のネバーランド
アニメも漫画も

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

【約束のネバーランド】あの方の正体は鬼の頂点&神?

アニメ第7話でシスタークローネから情報を引き出すシーンで、彼女がエマたちに知っているかと尋ねた「あの方」という単語。

「あの方を」ではなく「あの方って」という言い方が印象的で「あの方」が普通の人間でないことがなんとなく想像できてしまったのではないでしょうか。

あの方とは?

その想像の通り、あの方は「王族」や「貴族」などの鬼の階級を超越した、全ての鬼の頂点に立つ存在です。

鬼たちも人間同様に宗教的概念を持ち合わせており、人間が神に祈りを捧げるように、鬼たちはあの方を神のように崇める対象としています。

あの方は「約束」を交わす力を持っており、あの方の望む「ごほうび」を差し出すことで、どんな願いでも叶えてもらうことができるようです。

1000年前には「食用児」という存在が生まれるきっかけとなった「世界を人間の世界と鬼の世界の2つに分ける」という「約束」を鬼側と人間側の両方と交わしており、エマたちの運命を変えることのできる唯一の存在といえるでしょう。

あの方の容姿や性格は?

あの方は子供の鬼のような姿をしていて、大きな竜を従えています。

見た目と同様、言動も子供っぽい部分が目立ち、会いに行ったエマを困らせたり挑発するような場面も。

「脳みそが美味しそう」といった発言もあり、本質的には鬼と同じものである可能性が高いのかもしれません。

あの方はどこにいる?

あの方は7つの壁を越えた先に存在しています。

7つの壁とは、東西南北天地の6つの「空間」に「時間」を合わせた7つの要素=時空のことであり、世界を規定する物理的限界を表しているとのこと。

世界の定義から外れた場所に存在するあの方は、時間や空間さえも操作できる超常的存在であり、鬼だけでなく全ての存在の頂点ともいえる存在だと考えられます。

鬼たちが神として崇めるのも納得ですね。

ちなみに、アニメでは既にこの7つの壁のヒントとなるアイテムが登場しています。

それは過去にシスタークローネが拾い、最後にエマたちに託した「ペン」です。

さりげないシーンでしたが、これも大事な伏線だったのですね!今後の描かれ方にも注目です。

あの方は原初信仰の神?

神のように崇められているあの方ですが、鬼の世界にはエマたちが旅の途中で出会った鬼・ソンジュとムジカが信仰する原初信仰の神が存在しています。

原初信仰の神が姿を変えてあの方になったのかと思いましたが、そうなると「自然の生き物以外は食べてはならない」という教義は、食用児を良しとしたあの方とは真逆の思想であることに違和感がありますね。

そしてソンジュたちがあの方ではなく原初信仰の神を信仰し続けていることから、あの方は間違いなく鬼の頂点であり神と同等かそれ以上の力を持ってはいますが、原初信仰の神とは異なる存在だと思われます。

あの方の名前読み方を解説!

アニメでは、あの方と呼ばれている鬼たちの神ですが、漫画では名前が登場しています。

その名前が、こちらです。

読めません!!

クローネが口にしていることから人間でも発音は可能なのだと推測できますが、鬼の言葉で書かれたその名前をどう読めばいいのかはサッパリわかりません。

そのため、アニメでは「あの方」と呼ばれているのですね。

解読のヒント?

「人間には理解できない言葉」として読み方は明かされていないあの方ですが、ファンの間では鬼の言葉はエノク語という天使の言語と言われる人工言語をアレンジして作られているのではないか、と考察されています。

確かに、鬼の言葉を構成しているパーツはエノク語によく似ているように見えますね。

これだけでは解読までは繋がりませんが、解読につながるヒントにはなるかもしれません!

 

【約束のネバーランド】ティファリとはあの方のごほうびのことだった?特上食用児が必要な理由!

ティファリとは何?

ティファリ(義祭)とは、鬼の王家と、王家とともに鬼の世界を統治する「五摂家」と呼ばれる貴族(ドッザ卿、イヴェルク公、ノウム卿、プポ卿、バイヨン卿)が参加して行う儀式です。

儀式そのものは城内のティファリ会場で王家と五摂家のみで行われますが、城下街の盛り上がりから王都全体をあげたお祭りだと思われます。

ティファリでは何が行われる?

ティファリとは、鬼たちがあの方に「ごほうび」を差し出すために行う義祭です。

その「ごほうび」には食用児が大きく関係していて、ノーマン・エマ・レイ達フルスコア組はティファリであの方の御膳に出される最上級の食用児として出荷される予定となっていたのでした。

「ごほうび」とは?特上の食用児が必要な理由は?

「ごほうび」とは、先述した通り、あの方と「約束」を結んだ際に差し出す代償のことです。

一度結ばれた約束を破ることはできず、また、あの方から要求された「ごほうび」を断ることもできません。

1000年前に鬼と人、そしてあの方との間で結ばれた「鬼と人の世界を分ける」約束に対しての「ごほうび」に、あの方が鬼側に要求したのは「その年に実った一番良いお肉」

そのため鬼たちは、毎年「特上の食用児」を育て上げてティファリを行い、あの方に「ごほうび」を差し出さなければならないのです。

このことから、ティファリと特上の食用児は切っても切れない関係であり、ママやグランマが何を差し置いてもエマとノーマン、レイを「特上」として出荷することにこだわった理由がよくわかりますね。

原作漫画も
\断然U-NEXTがコスパ◎/

約束のネバーランド
アニメも漫画も

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

まとめ

いかがでしたか?

  • あの方は鬼に神として崇められているが原初神ではない
  • ティファリはあの方にごほうび=特上の食用児を捧げるための義祭
  • あの方の名前は鬼語で、人間には判読できない

アニメではまだ名前しか出ていないあの方ですが、物語の鍵となる存在であることは間違いありません。

果たしてあの方は、エマたち食用児の未来に対してどのようなごほうびをねだるのでしょうか!?2期以降も目が離せませんね!

 

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。


U-NEXT公式サイトで無料登録
U-NEXT公式サイトで無料登録