TVアニメ

【約束のネバーランド】花の意味グプナとは?名前やモデルは何?




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

平和そのものだったはずのハウスでの生活を一点させた、コニーの「出荷」シーン。

エマとノーマンが自分たちの世界が偽りの楽園だったと気づくには十分すぎる衝撃的な光景でした。

そんな残酷なシーンの中、コニーの胸に突き刺さり場違いなまでに鮮やかに咲いていた一輪の赤い花

この花は1話だけでなく、OPやED、そしてシスタークローネの最期でも印象的に描かれていましたが、1期ではその存在に触れられることはなく正体不明のまま終わってしまいました。

今回はこの赤い花にスポットを当てて花の意味グプナとは?名前やモデルは何?をテーマにネタバレ解説していきたいと思います!

  • 花の名前は?
  • 花の意味グプナとは?
  • 花のモデルは?

ちなみにアニメはもちろん漫画を購入する場合もU-NEXTが断然おすすめ

アニメと違い有料が多いですが、ポイントがもらえる&最大40%割引なので、ポイント分は無料での購入が可能です!

(無料期間中でも600ポイント!継続時には1200ポイント分付与と、毎月1〜2冊有料作品が無料視聴できます!

原作漫画も
\断然U-NEXTがコスパ◎/

約束のネバーランド
アニメも漫画も

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

【約束のネバーランド】花の名前は?

気になる花の名前は「ヴィダ」という吸血植物です。

その名前の通り生きている人間の血を吸う植物で、血を吸い上げて鮮やかに花開きます。

特別に栽培されたものではなく、約束のネバーランドの世界にはどこにでも自生している花とのことですが、コニーの出荷時のエマとノーマンの反応から察するに、2人はあの日初めてヴィダの花を見たのだと思われます。

そのことから、孤児院の敷地内にヴィダの花は生えていない可能性が高そうです。

誰が何の目的のために胸に花を刺した?

コニー、そしてシスタークローネの胸に花を刺したのは、彼女たちを「出荷」するためにハウスを訪れていたです。

人間の価値観からすると死んだ人間に花を捧げるのは「葬い」を意味しているように見えますが、鬼達が花を刺す理由は、人間の血を吸うというヴィダの花の特性を利用した「肉の血抜き」

まだ息のあるうちに花を刺すことで、血による肉の劣化を防ぎ品質を保つことができるのです。

 

 

【約束のネバーランド】花の意味グプナとは?グプナを行う理由や目的は?

花の意味グプナ

しかし、食用児にヴィダの花を刺すのは品質管理のためだけではありません。

実はこの獲物に花を刺す行為は「グプナ(儀程)」と呼ばれる鬼たちの伝統的な儀式であり、「神に糧を捧げる」ために行っているというのです。

鬼というと人間を捕まえてそのままバリボリ食べてしまいそうなイメージですが、肉を処理する知識だけでなく、宗教的な概念まで持ち合わせているとは意外でした!

グプナの手順

グプナの手順は以下の通りです。

①糧となる人間に生きてるうちに花の咲いていないヴィダを刺す

②血を吸って成長したヴィダが花を咲かせる

③神が受け取ったとみなし、肉を食べてもいい

この一連の流れでグプナは終了します。「花が咲いた=神が受け取った」とみなすため、花が開くまで待つなど儀式としてちゃんとした手順を踏んでいることがわかりますね。

グプナは人間に対してのみ行われるわけではなく、信仰心の強い鬼であれば、己が狩りとった生きとし生けるものすべてに対してグプナを行うようです。

ちなみに、エマ達が暮らしているような高級農園の食用児達は、グプナの後で専用の瓶に詰められて出荷されています。

なぜ鬼はグプナを行う?理由は?

グプナはただの食肉処理ではなく、鬼たちが神への感謝を表すための儀式であり、それは糧となった人間への敬意なしでは成立しないものです。

鬼たちは我々が「いただきます」と言ってから食事をするように、自分たちに食べられてしまう生き物のためにグプナを行なっています。

コニーの出荷シーンがあまりに恐ろしく衝撃的だったことから、鬼たちは人間をただの食料としてしか見ていない残酷な敵だと思っていましたが、鬼たちは人間、そして全ての生き物に対する感謝の気持ちをちゃんと持っていたのだと考えられます。

鬼が人を食べることと、人間が動物の肉を食べることは何も違わないのだと思うと、やや複雑な気持ちになりますね。

鬼たちの命への敬意が失われている?

しかし、鬼たちが人間をはじめ「命」への敬意を持っていたのはもはや過去の話

鬼の頂点とも言える「あの方」と人類との間で約束が結ばれた結果、鬼の世界は農園で食用児たちを管理するようになり、安定した「食」の供給が実現します。

食用児たちが農園で大量生産されるようになり、食べられることが当たり前となった結果、命への敬意や信仰が軽んじられ、ついには忘れ去られていってしまったのです。

命を扱う神聖な行為だったはずの狩りも一部の貴族たちの娯楽と成り果て、「グプナ」はますますその意味と背景にあった信仰を失っていくことになってしまいます。

今では原初信仰をごく少数の鬼のみが、本来の「グプナ」を行なっているようです。

 

【約束のネバーランド】花のモデルは?

そんなグプナに使用されるヴィダの花ですが、どんな花なのか実際に見てみたいですよね。

しかし、残念ながら架空の花なので(実際に人の血を吸う花が存在したら怖すぎますが)、本物は存在しません。

ですが、モデルとなった花は私たちの世界に普通に咲いている花なのです。

その花の名前はバーベナ

ヴィダの花と同じ赤色のバーベナの花言葉は「団結」

バーベナは桜のような小花が集まって咲く姿から、「家族との和合」「一致団結」といった、エマたちハウスの子どもたちを思わせるような花言葉がついたとされています。

作画担当の出水ぽすか先生も、その花言葉を気に入ってバーベナをモデルに選んだ、とコメントされていました。

また、宗教や魔法と関連のある花とされていて、魔術や薬草として使用されていた花だということです。

モデルであるバーベナも、恐ろしいながらも魅力的なヴィダの花そのもののようですね!

バーベナは春から秋にかけての長い間花を咲かせる1年草で、お手入れが簡単でガーデニング初心者でも育てやすい花だそうです。

ヴィダの花のように鉢に単体で植えても十分楽しめるとのことなので、興味がある方は育ててみるのも楽しいのではないでしょうか!

原作漫画も
\断然U-NEXTがコスパ◎/

約束のネバーランド
アニメも漫画も

U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

 

まとめ

いかがでしたか?

アニメではまだまだ謎だらけの花・ヴィダですが、物語が進むにつれてその正体が明らかになっていきます。

  • 花の名前はヴィダ
  • グプナは神に糧を捧げるための鬼の宗教儀式
  • ヴィダの花のモデルはバーベナの花

ハウスを抜け出し、2期からは世界の秘密に挑むことになるエマたち。

1期をしっかりおさらいして2期に備えたいと思います!

 

アニメ好き&多趣味におすすめ!

アニメディア・アニメージュ
声優グランプリ・ファミ通
コスプレイモードetc...

/   約450雑誌が   \
月額380(税抜)で読み放題!

 年間プランはさらにお得!


本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。